e-Asset 新公会計システム New Public Accounting System

「地方公会計標準ソフトウェア」サポート終了間近!
その後は?

 平成27年に無償配布が開始されたJ-LIS(地方公共団体情報システム機構)の地方公会計標準ソフトウェアは、 既に無償配布が終了し、令和3年3月31日に全てのサポート事業が終了となります。 現在、地方公会計標準ソフトウェアを利用して財務書類を作成されている団体様は、令和3年度末までに新たな対応方法を準備する必要があり、 ご担当者様におかれましては、対応に苦慮されていることと思います。 今回、多くの導入実績を有する弊社公会計管理台帳システムがバージョンアップし、さまざまな革新的機能を実現致しました。

~「地方公会計標準ソフトウェア」と完全互換!~

出所:地方公会計標準ソフトウェア財務書類作成機能 操作手順書

財務会計システムから出力される、伝票情報、予算科目マスタ情報、仕訳を一括修正するためのCSVファイル、他団体の決算情報を取り込むためのCSVファイルなど、地方公会計標準ソフトウェアに取り込むファイル形式をそのまま利用可能。
~「地方公会計標準ソフトウェア」より簡単な操作性!~

~革新的!新規取得資産の固定資産台帳登録手法~

工事設計書情報を転記し登録すべき資産を明確化。支出伝票から伝票選択し取得価額を確定。設計・監理、共通費は自動按分。選択された伝票は自動仕訳。

~固定資産と公有財産の一元管理!~

固定資産情報と公有財産情報を同じデータベースに入れ、財務規則(分筆・合筆、用途廃止・変更など)に従った異動入力、及び財産に関する調書の出力が可能。
資産と財産は施設に紐づく口座に従属し階層的に管理されており、資産・財産の特定が容易。
~地方公会計に精通した有資格者がサポート!~

公認会計士または一般財団法人日本ビジネス技能検定協会の地方公会計検定資格を有した専門スタッフが統一的な基準による財務書類作成をサポート。

機能

公会計管理台帳

  1. ・ 閲覧 ・・・ 口座単位・資産単位での閲覧、資産に従属した附属台帳の閲覧機能
  2. ・ 異動 ・・・ 資産の取得・処分・公有財産異動処理、附属台帳の登録変更処理機能
  3. ・ 申請承認 ・・・ 異動入力内容の申請・承認処理機能
  4. ・ シミュレーション ・・・ 口座別ライフサイクルコスト、減価償却シミュレーション、公共施設更新費用試算機能
  5. ・ 帳票出力 ・・・ 固定資産に関する各種一覧表、口座台帳一括出力、公表用CSV出力機能

固定資産整理勘定

事業、予算執行情報取込・予算編成システム、財務会計システムより事業情報、予算執行情報を取込む機能

  1. ・ 計画書情報入力 ・・・ 計画書情報の入力、整理表作成を実施する機能
  2. ・ 資産情報への反映 ・・・ 整理表にて作成した情報を資産へ反映する機能

決算処理

  1. ・ 一括計算 ・・・ 時価評価額・再調達価額、減価償却・財源償却および有価証券・出資金の評価計算機能
  2. ・ 固定資産決算帳票 ・・・ 有形無形固定資産の明細・有形固定資産の行政目的別明細等、財務書類附属明細出力機能
  3. ・ 公有財産決算帳票 ・・・ 財産に関する調書(土地・建物・物品)等、公有財産に関する帳票出力機能
  4. ・ 組織一括変更処理 ・・・ 組織改編時に資産・口座の部署コードの一括変更処理機能

財務書類作成

  1. ・ 開始時 ・・・ 開始時貸借対照表の出力機能
  2. ・ 仕訳帳 ・・・ 仕訳チェック、仕訳修正、仕訳帳ファイル出力機能
  3. ・ 一般 ・・・ 一般会計等の財務書類出力機能
  4. ・ 全体・連結 ・・・ 全体・連結財務書類の出力機能

システム管理

  1. ・ セキュリティマスタ ・・・ ユーザID設定、組織コード、システム権限コードの設定機能
  2. ・ ワークフローマスタ ・・・ 申請・承認ルートの設定機能

構成

基本システム

  1. ・ e-Asset 新公会計システム

連携システム

  1. ・ 公会計管理台帳GIS
  2. ・ 公共施設マネジメントシステム

動作環境

サーバ

  1. ・ 対応OS : Windows Server 2012 R2 Standard以降

クライアント

  1. ・ 対応OS : Windows 7以降
  2. ・ ブラウザ : Internet Explorer11.0以降

スタンドアロン

  1. ・ 対応OS : Windows 7以降
  2. ・ ブラウザ : Internet Explorer11.0以降